太古の昔からある占い|わが子に名前を付けるのは親だけの特権!じっくり考えよう!

わが子に名前を付けるのは親だけの特権!じっくり考えよう!

太古の昔からある占い

四ツ葉のクローバー

占いの歴史は古く、古代バビロニアが発祥の地とされており、ギリシャ語やサンスクリット語で記載されていた文献がラテン語やギリシャ語・アラビア語に翻訳され、西側ではヨーロッパを中心に、東側ではインドやアジアを中心に広がっていきました。ヨーロッパを中心に西洋占星術が広まり、17世紀においてイギリスで人気を博し、1647年にウィリアム・リリーが書いた「クリスチャン・アストロロジー」は、今もなお西洋占星術の古典として多くの占い師たちによって読まれています。東側ではインド占星術や、中国において四柱推命が作られました。四柱推命の起源は紀元前400〜200年頃と言われており、今の形になったのは約1000年ぐらい前だと言われています。

占いを利用するにおいて、1つの物事に関していろいろな占術を使うといった工夫を行うアプローチがあります。例えば付き合っている人と結婚できますかと占う場合、四柱推命や西洋占星術によって結婚するタイミングを見ていくことが可能です。相手の方との相性や相手の方が結婚するタイミングも分かるので、二人のタイミングが合致する時期が結婚の可能性が高くなるでしょう。次にタロットカードで相手の気持ちを見ていきます。タロットカードによって相手が考えていることや、これからどうしようとしているのかを読み取っていくことが可能です。易占いを使ってアドバイスを得ることができるでしょう。相手と付き合う上で気をつけた方が良いことや、改善すべきポイントを教えてくれます。さまざまな占術を使うことで、総合的に鑑定していくことが可能です。